顔のたるみを改善する方法

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは?

よく化粧品に配合されているビタミンC誘導体。
これは果物などに含まれているビタミンCとは違う成分です。

 

ビタミンCは抗酸化作用や美白などの効果に優れていますが、不安定で壊れやすいのが欠点です。
化粧品に配合されていても肌のバリア機能にはじかれて浸透しにくく、効果を発揮しづらいのです。

 

このビタミンCの作用を損なわない様、人工的に改良して安定化させ、肌に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体です。

 

肌に吸収されてからビタミンCに変化するので、新鮮な状態で肌に届き、壊れる事なく効果を発揮します。
厚生労働省にも美白の有効成分として認められています。


ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体は大きく3種類に分けられます。

水溶性ビタミンC誘導体

  ⇒即効性がある

脂溶性ビタミンC誘導体

  ⇒浸透力が高い

新型ビタミンC誘導体

  ⇒即効性と浸透力を併せ持っている

 

 

水溶性ビタミンC誘導体は表皮ですぐに効果を発揮し、脂溶性ビタミンC誘導体は角質層に浸透してから作用します。

 

新しい構造の新型ビタミンC誘導体は水様性と脂溶性の長所を兼ね備えていて、美容業界から注目を集めています。

 

 

 

 

ビタミンC誘導体の種類

解 説

主な成分名

水溶性ビタミンC誘導体

3種類の中で一般的によく知られています。
化粧水や美容液に配合されている事が多いです。
短時間で皮膚に吸収され、ビタミンC本来の効果が期待できます。
しかし、皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥肌になったり、肌に刺激を与えてしまうという欠点があります。

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチル
脂溶性ビタミンC誘導体

肌への浸透率が非常に高く、持続性も優れています。
オイルになじみやすい性質から、クリームやジェルタイプの化粧品に使われます。
本来は水溶性であるビタミンCに油を結合させ、エマルジョンにしたものです。
水溶性ほどの即効性はありませんが、肌本来の持つ脂質となじみやすく、肌の奥深くまで到達して真皮で細胞に作用します。

 

※エマルジョンとは
通常、水と油は混ざらないが、超音波によってどちらかが小さな滴となってもう一方の中に分散し、乳化状になった状態

テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビル
新型ビタミンC誘導体

即効性と真皮への浸透力を併せ持ち、様々な化粧品に使われています。
美白や、長期間の使用でシワやハリの改善などアンチエイジングにも効果的です。
細胞の奥まで浸透し、活性酵素を除去したり、皮膚を活性化してコラーゲンの合成を促進したり、肌本来の働きを取り戻すなどの効果があります。
水分にも脂質にもよくなじみ、肌への刺激や乾燥の心配が少ないです。
角質層への浸透力も優れていて、水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われています。

アスコルビン酸ー2リン酸ー6パルチミン酸

 

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体はたるみへの効果はもちろん、ニキビ・毛穴の開き・シミ・シワ対策や美白など美肌作りに欠かせない成分です。

 

元々、ビタミンC自体にニキビやニキビ跡の色素沈着の防止、シミ防止、メラニン色素の抑制、紫外線によって発生する活性酵素の除去など様々な美肌効果があります。
その効果をしっかり肌に届けるのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体の主な効果はこちらです。

  • 消炎症作用や皮脂の分泌のコントロールでニキビが改善する
  • コラーゲンの生産能力を上げ、ニキビ跡の凸凹、シワ、ハリ、たるみを改善する
  • 新陳代謝を高めてシワやくすみを改善する
  • メラニン色素の抑制で美白になる
  • 毛穴を引き締める
  • 肌をなめらかにする

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う時の注意点

この様に肌を元気に美しくしてくれるビタミンC誘導体ですが、どんな人でもたっぷり使っていい訳ではありません。
皮脂のコントロールに働きかけるので、元々肌がドライ気味の人は皮脂量が減って乾燥し、刺激に敏感になる事があります。

 

自分の肌タイプを見極め、ビタミンC誘導体以外の成分も確認して化粧品を選び、適切なケアをしましょう。

 

また、ビタミンC誘導体の濃度と肌への効果は必ず比例する訳ではありません。
配合されている量が多くても、重要なのは浸透力です。

 

一般的に化粧品に含まれるビタミンC濃度は1〜2%が多いです。
ですが、クリニックでは5〜6%と通常よりも高濃度のビタミンCが配合された化粧品を扱っていたり、一部の通販ではビタミンC誘導体の原液100%の商品も販売されています。

 

皮脂の量をコントロールする作用があるので、高濃度だと肌が乾燥するリスクも高くなります。
高濃度=効果が高いと安易に選ぶのではなく、自分の肌に合っているかを見極める事が大切です。