イオン導入 たるみ

イオン導入はたるみに効く

イオン導入はたるみに効く

 

イオン導入とは顔の皮膚に微弱な電流を流すことで、そのままでは浸透しにくいビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容成分をイオンの電荷の力で肌の奥への流れを作って、美容成分の効果を十分に発揮させることができる技術です。

 

歯科医院でも歯茎に塗布することでかける麻酔を体験した人もいるかもしれませんが、その技術もこのイオン導入による効果で行われています。

 

医療現場でも使われているくらい科学的に確立された技術なのです。

 

 

 

イオン導入の力を使えば美容液を手やコットンで肌表面につけた時と比べて、その浸透力は数十倍にもなります。

 

30倍から50倍、上手く行けば100倍以上の力です。

 

ちょっと前の時代では、私たちが手に入る市販のイオン導入美顔器のパワーは、医療機関やエステの物と比べると弱めで、その程度ではと購入を控えてしまう人も多かったです。

 

でも、現在の家庭用のイオン導入器は、エステなどで使用される業務用の機器に比べてもまったく遜色ない機能まで備えるようになってきました。

 

そのため、エステに何度も通って施術を受けるよりも、自分で購入して使ったほうがコスパが良くなってきたため、家庭用のイオン導入器を使う方が非常に多くなってきました。

 

 

イオン導入の仕組みとは?

 

人間の肌の1番表側の角質層は、普段プラスイオンが多く、酸性になっています。
逆に肌の内側の顆粒層にはマイナスイオンが多く、アルカリ性です。

 

肌表面はプラスイオンとマイナスイオンが反発し合って間に電気の膜(バリアゾーン)を作り、これが邪魔して美容成分が角質層の奥に届きません。

 

引用元:烏丸御池かなざわクリニック

 

そこでイオン導入器の出番!

 

肌に電流を流すと角質層と顆粒層が中性に傾いて反発が弱まり、膜の働きも弱まって成分の浸透力が上がり肌の奥に届くのです。

 

引用元:烏丸御池かなざわクリニック

 

また、ビタミンC誘導体はマイナスイオンを帯びているので、イオン導入でマイナスの電流を流すと肌表面のプラスとの反発力が強くなって肌の奥へ押し込まれます。

 

でもこれは、あくまで電荷の力だけを解説しているのであって、良い成分だけではなく、悪い成分もマイナスイオン化すれば肌の奥に届いてしまうといことです。

 

そのため、正しい美容液を選んで使用する事が大切になってきます。